技術・製品情報

IH(誘導加熱)による塗膜除去工法

IH(誘導加熱)による塗膜除去工法
特許第5896849号

環境への負荷が非常に小さい工法

電磁誘導加熱によって鋼橋の鋼板面と塗装の境界面を加熱し、接着を緩めて塗膜の剥離・除去を容易にする技術です。
騒音や粉塵の発生が極めて少なく、剥離させた塗膜のみが産業廃棄物となり、有害物質を含む場合でも周辺に飛散させない環境にやさしい工法です。
なお、切削ツールを簡単に使用することにより素地調整2種ケレンとなります。

 

導入メリット

・騒音、粉塵などの発生が大幅に軽減されます !!
・回収物が剥離させた塗膜のみで、産業廃棄物を大幅 に抑制します !!
・塗膜に有害物質を含む場合でも周辺に飛散させません

 

施工状況

 

IH(誘導加熱)による塗膜除去工法
IHによる加熱中
IH(誘導加熱)による塗膜除去工法
塗膜撤去完了
前へ前へ

一覧へ戻る